ローソファーの魅力

ローソファーの種類と特徴を知ろう!

ローソファーのイメージは通常のソファより座面が低く、くつろぎ易そうなイメージを抱く方が多いのではないでしょうか?高さが低いので天井からの距離も遠くなり、同じ大きさの高さのあるソファーより部屋が広く…

ローソファーの良さとは?

日本の住宅は間取りが狭いことが多く、落ち着ける空間を作るには限られたスペースを活かす工夫が欲しいものです。ローソファーは座面が低い分、圧迫感がなく開放的な点が魅力です。座る位置が低ければ、ちょっと…

ローソファーの注意点

リビングでくつろぐ時には、ソファは欠かせない家具のひとつです。ローソファーはハイタイプのソファーに比べると、高さが低いため、マンションなどの狭い部屋でも圧迫感が少ないなどのメリットがあります。人気…

ローソファーの選び方

くつろげるのが優先!リクライニングが可能なフロアソファー

フロアソファーはゆったりとくつろげるのが最大の魅力ですが、リクライニングが可能なソファーとなると重要になるのがサイズです。基本的なサイズに加えてリクライニングスペースを用意しなければなりません。す…

眠れて、座れて、収納したい!3way使いのマルチソファー

3wayのマルチソファーは、座れるだけでなく、脚を伸ばしたり簡易ベッドとして使用することもできます。引き伸ばすだけでそれぞれの使い方が楽しめるため、体への負担も少なくチェンジしたい時も簡単です。特…

ゆったりくつろぐのに最適なローソファー

仕事から帰ってきてくつろぐのにローソファーがオススメです。ゴロンと転がって天井までの高さがあると天井が近いよりゆったりと感じられます。

シリーズやデザインで揃えたい!家具コーデでお洒落こだわりソファー

北欧スタイルの完成度が高まるローソファー

北欧スタイルのインテリアでは、天然木の温かみを感じさせるロータイプの木製家具へのこだわりが重視され、ソファーも木肘タイプのシンプルなローソファ―が好まれます。高級感のある革張りでなく落ち着いた色合いのファブリックソファ―というのも大事なポイントで、木肘とローテーブルの色合いが調和するようシリーズで揃えると、上品な落ち着きを感じさせる空間にコーディネートできます。 白い壁や天井、木目を生かした床面などシンプルさにこだわった室内にロータイプの家具を配置して、広々としたリラックス空間に仕上げるのが北欧スタイルの基本です。ベースカラーはクールな寒色系でまとめるのが主流で、カーテンやラグ、クッションなどに遊び心あふれるビビッドカラーの北欧パターン柄をあしらうことでインテリアに躍動感をもたらします。シンプルデザインのローソファ―だからこそ、キュートな柄のクッションが生き生きと際立ちます。

ローソファ―のデザインは湿気対策も重視

ローソファ―をはじめ北欧スタイルのロータイプ家具は室内を広々と見せる効果もあり、和の空間との相性も抜群です。座面が床に近いローソファ―であれば、サイズが大きめのコーナーソファーであっても部屋を狭く感じさせずにゆったりと置くことができ、座った時の目線が床に近くなることで、肩の力を抜いたくつろぎのひとときが過ごせます。 より低めデザインのローソファ―の場合、置く場所によっては湿気対策を万全にしておく必要があります。特にコーナーや壁際にぴったりと配置したい場合、できるだけ湿気がこもらないようなデザインを選ぶことが大事です。下部に溜まった埃の掃除がしやすいことや、ファブリックソファーの場合は撥水加工がしっかり施されているかどうかにも注意して選んでおくと、長く愛用し続けることができます。