ローソファーの種類と特徴を知ろう!

座面の高さいろいろ選べます

ローソファーのイメージは通常のソファより座面が低く、くつろぎ易そうなイメージを抱く方が多いのではないでしょうか?高さが低いので天井からの距離も遠くなり、同じ大きさの高さのあるソファーより部屋が広く見えます。ローソファーの座面の高さもいろいろあります。座面が低く床との段差がほとんどないようなフロアと一体感のあるローソファーもあります。小さなお子さんやペットのいるご家庭ならソファーから落ちて怪我をするなどの心配も少なくなるかもしれませんね。お年寄りや足腰が弱い方は、あまり座面の低すぎるローソファーですと、座ったり立ち上がったりする時に不自由を感じるかもしれませんので、実際にどのくらいの高さがちょうどいいのか試してみて検討してくつろげるちょうどいい高さを見つけることをお勧めします。

背もたれ選びも重要です

どのような姿勢でソファーに座ることが多いでしょうか?背もたれに寄りかかって座っていることが多いのか、寝転がっていることが多いのか?どのような姿勢で使うことが多いのかによって背もたれ選びは重要です。一人で足を伸ばして座椅子のように使えて、背中をしっかりと包んでくれるような背もたれでリクライニング式になっているものもあります。背もたれの高さが低ければ部屋がより広く見えますが、実際に座って寄りかかってみたりして、自分に合う高さ、質感を選ぶのが正解です。頭まですっぽり包んでくれるクッションタイプの背もたれもありますし、肘置きもありしっかりとした背もたれのきちんとしたタイプのローソファーもあります。見た目も大切ですが、くつろげるローソファーであることが重要ですよね。

フロアソファーは、足でまたげるくらいに座席が低いのが特徴です。圧迫感を感じることがなく、背もたれに体重を預けたときに足を延ばせるので、リラックスしながら読書が楽しめます。