ローソファーの良さとは?

座面が低い分、圧迫感がなく開放的

日本の住宅は間取りが狭いことが多く、落ち着ける空間を作るには限られたスペースを活かす工夫が欲しいものです。ローソファーは座面が低い分、圧迫感がなく開放的な点が魅力です。座る位置が低ければ、ちょっと天井が高くなるようなもの…というのは言い過ぎかもしれませんが、写真などで比べてみると開放感の違いを感じられるでしょう。角に置けるコーナータイプや、足を伸ばして座れるカウチタイプ、背もたれが高いハイバックタイプなど、色々な種類を組み合わせて快適なお部屋を作りましょう。広いお部屋の場合には、コーナータイプを中央に置いて部屋を区切るように使うこともできます。リビングダイニングのちょっとした仕切りになります。2人掛けのローソファーを対面で配置すれば、来客時にも使えて便利です。

床の近くに座れる和風スタイル。こたつにもぴったり

ふかふかのソファは座り心地がいいけれど、気がつくと床に座ってソファを背もたれにしている、という経験のある方には、ローソファーが向いています。脚のない直置きタイプを選べば、ソファーに座ったままこたつに入ることができますし、畳に跡が付きにくいというメリットもあります。夫婦2人やお子様と合わせて3人のご家庭などでは、コーナー型のローソファーでこたつを囲むのも良いでしょう。背もたれとこたつの温かさで、冬でもリラックスして過ごせるはず。また、座面が低いのでお子様がソファーから落ちて怪我をする心配もありません。デリケートなペットを飼っている場合にも、ソファーの上り下りでかかる足腰への負担を軽減してくれる利点があります。ネコの爪とぎが心配な方には、ひっかきに強い人工スエード皮革を使った製品がおすすめです。

ローソファーの通販は重い荷物を自宅まで届けてくれるので便利です。購入の際には必要な工具などもチェックしておくのが良いでしょう。